結婚相談所はどのような人が利用しているの?

 

結婚相談所の利用者には、どのような人が多いのでしょうか?

 

結婚相談所は、入会金や年会費といった費用がかかります。

 

それなので、軽い気持ちではなく「本気で結婚したい!」という人が多いんですね。

 

 

女性で言えば、これまでキャリアウーマンでバリバリ働いてきたが、気が付いたら30代を過ぎてしまった。

 

そこで、結婚と出産に焦り出して入会した、というケースがあります。

 

女性は30歳を超えると高齢出産と言われる年齢が近づいてくるので、不安が強くなるのです。

 

 

また、男性の結婚相談所の利用者は、30代後半から40代前半が最も多くなっています。

 

男性の方が、女性よりも年齢が高くなってから入会している方が多いんですね。

 

そして、子供が欲しい方は、自分よりも年齢の若い女性と出会って赤ちゃんができたらいいなと考えているわけです。

 

 

このように結婚相談所の利用者の年齢を見ていくと、男性の方が女性よりも結婚への焦りを感じるのが遅い傾向にあるようですね。

 

 

さらに、結婚相談所の利用者のなかには、シングルマザーや離婚歴のある方でも入会できる結婚相談所もあります。

 

加えて、中高年だけではなく、20代の若い方もいるんですよ。

 

ただ実際のところは、20代後半から40代前半の利用者が男女ともに多い年代なのは間違いないですね。

 

 

近年では、

 

  • 結婚できないかもしれないという不安に感じる人が増えている
  •  

  • 普通に生活していると良い出会いがないと感じている

 

ので、結婚相談所の利用者は年々増加しています。

 

 

知り合いの紹介での出会いは、断ることが大変ですし気を遣う、というように人間関係もゴタゴタしてしまう可能性があります。

 

結婚相談所ならば、そういったこともなく利用できるので、コストはそれなりにかかりますがめんどくさくないのですね。

 

 

いろいろと調べていると、結婚相談所の利用者は、確かに中高年の方が一番多いのは事実です。

 

しかし、そういった方々だけではなく、いろいろな年代やさまざまな境遇の方が利用していることがわかったことは、とても興味深いことでした。

 

 

イチオシの結婚相談所は?