結婚相談所におけるクーリングオフについて

結婚相談所

 

こちらの記事では、結婚相談所のクーリングオフについて、お話していくことにします。

 

 

まず、クーリングオフの定義について、ご説明することにしましょう。

 

クーリングオフとは、商品を買ったり何かを契約するなどしたとします。

 

でも、規定の日数以内であれば、理由を言わなくても、無条件で購入の撤回や契約を解除することができるという制度です。

 

 

結婚相談所のクーリングオフ制度

 

たとえば、よくエステなどでは、クーリングオフ制度を用いられるのを聞いたことがあるかもしれません。

 

そして、これらと同様に、結婚相談所においてもクーリングオフというのが存在するのです。

 

 

実は、数年前までは結婚相談所ではクーリングオフ制度が適用されなかったのですが、最近になって適用されるようになりました。

 

結婚相談所というのは、入会金として大きなお金が必要になります。

 

なので、ある意味当然のことと言えるでしょう。

 

 

どんなときにクーリングオフが使えるの?

 

では、どんなときに、結婚相談所との契約においてクーリングオフを使えばいいのでしょうか?

 

それは、

 

  • 結婚相談所側の説明が上手く、つい契約してしまったが、家に帰って冷静に考えるとそこまで入会したくなかった
  •  

  • 契約するまで家に帰してくれない状態だったので、仕方なく入会した
  •  

  • うまく乗せられてしまって、入会してしまった

 

などというときです。

 

 

そんなときには、躊躇することなく、結婚相談所のクーリングオフ制度を利用しましょう。

 

あれこれ悩んでいると、制度を利用できる期日が過ぎてしまい、クーリングオフ制度が受けられなくなってしまいます。

 

まずは契約書を読んで、どのくらいの期間ならばクーリングオフが可能なのかを確認しましょう。

 

だいたいのケースでは、契約から8日間くらいのところが多いようです。

 

 

クーリングオフに応じてくれなかったら…

 

なかには、悪質な結婚相談所で、なかなか承諾をしてもらえないところもあるようです。

 

しかし、こちら側としては、悪いことをしているわけではありません。

 

もし、返金に応じてくれない場合や脅してくるような場合には、消費生活センターに連絡してみましょう。

 

 

結婚相談所においてもクーリングオフは可能ですので、もしも契約したあとになって気持ちが変わったとしても、焦らないで大丈夫ですよ。