結婚相談所の成婚率の真実は?

 

結婚相談所の成婚率って気になりませんか?

 

結婚相談所の成婚率というのは、結婚相談所でお相手を紹介してもらって、その相手と交際してうまくいって結婚できた確率のことです。

 

 

成婚率を100%と書いている結婚相談所もありますが、これはありえないでしょう!

 

たとえば、100人の会員がいて、その全員が結婚まで至るなどということは現実的には考えられませんよね。

 

大手の結婚相談所でも、だいたい15%から20%程度の成婚率と言われています。

 

そう考えると100%や90%というのは、いかに現実的なものでないのかというのことがお分かりになるでしょう。

 

 

ちなみに、成婚率が高い結婚相談所は、親身に相談に乗ってくれる相談員やスタッフがいるところのようです。

 

こういったところは昔ながらの結婚相談所タイプで、成婚率が45%ほどもあると言われています。

 

2人の食事にもついてきてくれて、話が途切れたときには上手く会話を繋げてくれることもあるんだとか。

 

これなら、非常に安心感がありますね。

 

 

なお、結婚相談所の会員数が多いほうが成婚率は高い印象がありますが、そんなこともないんですよ。

 

ただ人数が多ければ良いというわけでもないんですね。

 

 

また、結婚相談所の公式サイトには、カップリング率が80%や90%!なんて書いてあるところもあります。

 

ですが、これは2〜3回デートをしたものも、カップリング率にカウントしているようです。

 

実際に彼氏や彼女になった数とは、何の関係もないんですね。

 

なので、公式サイトに書かれている結婚相談所の成婚率の数字も、あまりアテにはできないのかもしれません。

 

 

結局のところ、成婚率の高い結婚相談所は、優秀なスタッフがいるところなのでしょう。

 

せっかくお金を払って入会するのですから、なるべくならそういった結婚相談所に行きたいものです。

 

ただし、こういった結婚相談所は費用も高いことが多いですから、予算との相談になってしまうのが悩ましいところですね。